怒涛の日曜日

 昨日は無事祖母の一周忌を終わりました。その法事の際に親戚の人達が言っていたのが、「夏に死ぬのはよそう」といった事でした。確かにお葬式の場合は、大概急で、考える暇も無く、滞り無く死者を送り出す事に専念しているので、あまり感じませんが、法事の場合はそんな慌ただしさも無く、まだまだ暑いこの8月の終わりに、揃いも揃って真っ黒の礼服を着て、お墓に行き、読経の間ジッとしているのは、ハッキリ言って地獄でした。

 そんな法事も終わり、直ぐに家に帰り、仕事着に着替え、井原のNさま邸に打ち合わせに行ったのですが、その際、Nさまご夫婦に他には無い家を建ててくださってありがとうございます。と言われた時には、本当に設計者冥利に尽きるといいますか、こちらこそ信じてくださって本当に感謝です。
 確かにこのNさま邸は、多くの事が一般的なセオリーからすると外れていますので、他ではチョット無いと思います。ただこの家は、Nさまご夫婦の個性・センスが出て、個性の強いアイテムが喧嘩しそうな所が、逆にうまく絡み合っていると思うのです。

 あともう少しです。最後はもっと良くなると思います。
[PR]
by n-kennaka | 2015-08-24 22:18 | Comments(0)