ガラリ

 建築用語で『ガラリ』という言葉があります。業界外の人からしてみれば、何の事か解らない言葉だと思います。
 『ガラリ』とは、目隠しをしながら換気ができるようにブラインド状の羽根板を平行に取り付けたものを呼んでいて、ルーバー,鎧窓(戸)とも呼ばれています。

 『ガラリ』は、視線をさえぎりながら通風ができるため、主に浴室,洗面所など戸
f0245124_2132345.jpg


 クローゼットの戸に
f0245124_21323711.jpg


 小屋裏換気の為に外壁に
f0245124_2132352.jpg


等に用いられている事が多いのです。

 さてこの不思議な言葉『ガラリ』の語源ですが、

1.英語の”グリル(網)”がなまって「ガラリ」となった説
2.く英語の”ギャラリー(回廊,廊下)”から転じたという説
3. がらり と開けるという擬態語からきているという説

などの諸説がありますが、どの説が正しいのかははっきりしていないので、結局解らず仕舞いなんです。
[PR]
by n-kennaka | 2016-02-10 21:40 | Comments(0)