名作コラボ

 北欧家具で有名なフィンランドの『artek(アルテック)』。

 その『artek』の代名詞的な家具がアルヴァ・アアルトが1932年に発表した究極のスツール『スツール60』です。
f0245124_20173303.jpg
無駄のない3本脚のフォルムは、時代を経ても不変の美しさを感じさせます。スタッキングもでき、ド定番と言っても良いでしょう。

 その『artek』が、日本を代表するデザイナーの皆川明のブランド「minä perhonen(ミナ ペルホネン)」とコラボした『スツール60』がコレです。
f0245124_20144775.jpg
 これに使われている生地は『dop』と言って、使用していく過程で、擦り切れた際、別のカラーの柄が出てくる特殊な生地を使用しているのです。
 言うなれば、色違いの生地が二重で張ってあるイメージです。永年使用し違う色の生地が出てくるなんて楽しみです。劣化では無く、ジーンズと同じ様な味出しを楽しむと言ったところでしょう?

 様々な色の組み合わせもあるので、お気に入りの一脚が見つかるのではないでしょうか。

[PR]
by n-kennaka | 2017-10-16 20:30 | Comments(0)