<   2013年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

 『備後で建てる家』や『マイホーム』を出版しているKG情報さんが、東深津に『家づくり学校』をオープンしました。ここはこれから家を建てようとすされる方やリフォームしようとされる方が家づくりについて勉強する場所です。既に岡山では実績があるようですが福山はオープンしたばかりですのでこれからの展開が楽しみです。
 店舗内では弊社の紹介もしてくださっているようですので、皆さんいってみてくださいという前に私が一度どんなところか見てこなくてはと思っています。また会議室もある様なので、いつかはそこで弊社も弊社の家づくりの考え方等をご紹介するセミナーみたいな事もやってみたいなと思っています。
 いずれにしましても家づくりを考えている方に、役に立つ面白い試みのスペースができたのではないでしょうか。
[PR]
 大阪は梅田の再開発で誕生した『グランフロント大阪』。福山では考えられない巨大な複合ビルです。その中に日本初出店となったのが『ZARA HOME(http://www.zarahome.com/)』。スペインのファッションブランドのZARAが展開するインテリア・雑貨ショップです。イケアと同じように海外展開を加速しているショップがオープンとなりました。イケアと違うのは家具は置いて無く、インテリア小物と雑貨のお店です。またイケアがどちらかと言うとモダン・シンプルなデザインが多いのに対し、この『ZARA HOME』はスペインのショップらしくカラフルでデザインされた小物類が多いのが特徴です。またこの『グランフロント大阪』には他にも「アクタス」や「IDEE」等のインテリアショップも出展されています。
 弊社のお客様でも神戸のイケアに行かれる方はとても多く、イケアで買って来られたシンプルな小物類の取付をお願いされる事もよくあります。イケア神戸に行かれる事がありましたら、少し足を延ばして梅田まで行かれては如何でしょうか?三宮から梅田まではJRの新快速で約20分で、梅田駅に着くと目の前が『グランフロント大阪』です。例えばオープン直後ののイケアに行って買い物をした後、込み始める昼前後にはポートアイランドを抜けて三宮(駅から東側の駐車場の方が安くて空いている事が多い)で食事。その後新快速で梅田へというコースは如何でしょうか?私が神戸にいた頃には、個性的な小さなインテリアショップも多かったのですが、最近はどうも少なくなってしまっている様なので、大阪まで足を延ばすのも良いのではと思います。
[PR]
 世間ではGW(ゴールデンウィーク)ですが、自分にはあまり関係がありません。平日ではどうししても電話が入ってきたり、建材の営業マン等の来客があったりと、結構小中断で時間が取られたりするのですが、休みの日は打ち合わせ以外にそういった事で時間が取られない為、プランニングや見積もり、シビアな納まりの詳細図を描く時等が結構はかどるのです。それで煮詰まったりすると例えばプランニング中であればその現場、詳細図を描いている時であればその現場に行って気分転換?をするのです。
 このGW中は天気も良さそうなので、1日くらいは子供たちをどこかに連れて行ってやりたいのですが、休み明けの事を考えると、出来るだけ仕事をやっつけときたいなと心揺れ動く今日この頃です。
[PR]
 昨日引き続き納まり詳細図を描きながら、同時に加工図を描いていたところ、描いている本人が見てもどうも解り難い。これじゃあ加工する人も困るはず。しかし鉄板を3次元に曲げるのを図面で表現するのは非常に難しいと言う事で、ボール紙を使って折ったり切ったりして、簡単なモックアップ(模型)を作ってみました。
 こうすることによって自分もよりイメージができるし気を付けるポイントも見えてきます。何より加工する職人さんが解り易いということで、これも一緒に渡して間違わないようにしてもらおう。
 この通りに実物ができれば、きっとスッキリとした納まりになって格好いいはずです。思っている以上にビシッと決まるように願いながらそろそろ加工に出す事としましょう。
[PR]
 現場が進む過程の中で、ミリ単位の納まり図を描いて、それを基に大工さんに施工してもらう事がよくあります。納まりを大工さん任せにしたとしても、生活するに何の不都合の無い様に施工をしてくれますが、より綺麗にスッキリと見せようとする時、やはり納まり図を描いて細かい指示をしなければなりません。
 もちろんこの時、機能性や使い勝手を無視して独りよがりの納まりをする訳では無く、そういった事を満足した上で、いかに綺麗に見せるか等を検討するのです。建築と言うものは二通りつくって、さあどちらを選ぶという訳にはいかないので、なかなか比較できないのですが、その辺は経験と感覚で判断していくのです。
 ですからお施主様に、私がこだわって納まり図を描いて施工した箇所が好きだと言ってもらえたり、「そんな所まで考えてくれてたのですか」と驚いて喜んで頂いた時には、素直に嬉しいですし休みの日や深夜に描いた労力も報われます。
 これからも要所要所の納まり図を描いて、気持ちの入ったお住まいをつくっていきたいと思います。
[PR]
 本日は雨の降る中、御調町のM様邸に仕上げ材のお打合せに行って来ました。大工工事が大詰めを迎えあともう少しとなって来たので、連休明けから内装工事等に掛かる為です。
 弊社では、納まり等の検討の為に大まかな仕様は事前に決めていますが、細かな素材・色・パターン等は現場の状況に合わせて実際の空間の雰囲気等を感じながら、現場で検討・決定していきます。事務所等でいくら色々な資料や写真を用いても、イメージし辛く不安が残り易いので、必ず現場で現物サンプルや見本を作って決定していきます。中々決まらない事もありますが、時間の許す限り何回も打ち合わせを重ねる事もよくあるのです。
 でもこの過程を踏む事が、後々の満足度の高い事を信じて毎現場行っています。M様邸も今日で全てが決まる訳も無く、来週再度行う事となったので用意をしなければ。
[PR]
 ここ最近アンティーク加工やダメージ加工された建材(フローリング等)が人気がある様です。釘の痕や傷・カスレ等の加工がしてあって、例えて言うならデニムの穿きふるし加工といったところでしょうか。この流れに目を付けた大手建材メーカーが昨年から出しているのが、アンティーク・ダメージ加工を模した印刷を施したシート張りフローリングです。
 無垢のフローリングでそういった加工をしてあるのは、わざとながらも本当の傷等が入っているのですが、一方のシート張りのフローリングは見た目は傷痕やカスレ等があるのですが、触ってみるとツルツルという不思議なものです。そこまでするなら凸凹も作れよとツッコミを入れたくなりますが、なんともまあリアルです。これは建材メーカーより大日本印刷や凸版印刷等の会社の技術力の賜物という気がしますが。
 見た目はトレンドを追って古びた雰囲気、機能は最新という建材です。
 こういった物を見ていると、日本の家電メーカーと似ている様な気がしてなりません。ユーザーのニーズを勘違いし、ドツボに入りながら新製品を出し続けて、ユーザーが離れていくという負のスパイラルのアレです。
 少なくとも私は使いたいと思わないし、お客様にもお薦めはしないと思います。
[PR]
 今週はいつも以上に時間をうまく使って1週間乗り切らなければなりません。打ち合わせや検査等で予定が結構詰まっている事もありますが、世間では週末からGW(ゴールデンウィーク)に入ると言う事もあり、今週中に処理しなければ発注や申請がGW明けになってしまう要件が結構あるのです。そういった事を優先的に処理しながら、現在進行中の現場向きの詳細図や納まり図を描いて渡してあげなければ、大工さんのイライラした顔が目の前に浮かんできます。待ってもらえるギリギリの線を見極めながら、優先順位を考えながら仕事をこなしていかなければ。
 逆にGWの休みになれば、現場が止まっている間に作図等の仕事をやっつけてしまえます。って思っている時程、打ち合わせがいくつも入ってしまってどうにもならなくなってしまうので、やっぱり今週中にできるところまで頑張るしかないのかなーと思いながらの月曜日でした。
[PR]
 昨日・今日と2日間に渡って開催された『リビングフェスタ2013』無事終了しました。来てくださった皆さん本当にありがとうございました。久しぶりにお会いした熊野町のT様ご一家、竣工した頃に赤ちゃんだった子供さんが大きくなって歩き回っているのを見るともう2年経ったのかと感慨深く、また東日本大震災直後の竣工で色々な思い出があったので、昔話で盛り上がってしまいました。
 また現在計画中や施工中のお客さまも来てくださって、楽しい時間を過ごさせて頂きました。
 今後とも宜しくお願いします。
[PR]
 『リビングフェスタ2013』がいよいよ明日・明後日の20日・21日に御幸町のビッグローズで開催されます。私も通常の仕事の合間をぬって少しだけ展示品を持って準備に行って来ました。会場に着くと場内は多くの人が行き交い準備に追われていました。弊社と同じようにブースを出展される建設会社・工務店さんも準備中です。私は取り敢えず持って来た荷物だけ降ろして、頭の中で展示方法をシュミレーションして本日は帰社しました。明日の朝1時間の勝負です。
 OBのお客様も何組か来てくださる様だし、久しぶりの顔にお目にかかれるのは大変楽しみです。家族の増えられた方もいらっしゃるみたいだし。
 皆さんも時間の都合がつけば是非お越しください。お待ちしております。
[PR]