<   2014年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

先日建材大手のLIXILから嫌な発表がありました。そう値上げです。

以下LIXIL HPより

住宅用建材・設備機器のメーカー希望小売価格の一部改定について

2014年9月26日

弊社ではガラス、樹脂、木材、窯業原料(粘土及び輸入材料)などをはじめとする原材料ならびに燃料価格の高騰が続く中、全社をあげて生産性の向上、合理化によるコストダウン・諸経費の削減を行い、製品原価の上昇を抑制してきました。

しかしながら原材料ならびに燃料価格は、依然上昇を続けており、今後も大幅な原材料コスト増が見込まれ、もはや企業努力のみで吸収することは限界となっております。つきましては、このような厳しい環境の下、弊社では建築用加工ガラス、玄関ドア、衛生陶器、洗面化粧台、床材、タイル建材などの一部の商品価格を2014年11月1日より順次2~15%程度アップさせていただくことになりましたので、お知らせいたします。


価格改定実施時期、対象商品、メーカー希望小売価格の改定アップ率の内容

2014/9/25更新
改定時期 : 2014年11月1日から 商品 改定率
建築用加工ガラス(複層ガラス等:10~15%程度
 ・衛生陶器、洗面化粧台: 3~5%程度
 ・単体浴槽、防水パン:5%程度
 ・床材:2~4%程度
 ・外装用タイル建材:10%程度
 ・玄関ドア・引戸:3~5%程度(※)
 ・外装用以外のタイル建材:10%程度(※)
      (※)2015年2月1日受注分から

と、なっております。いつ発表されるかと思っていたのですが、遂にやって来ました。
業界のプライスリーダー的な存在のLIXILが価格改定を発表したという事は、他のメーカーも順次発表されるのではないかと今から憂鬱に思うのです。
 同じ物がある時から、いきなり値上げ・・・・。ただでさえ昨年から色んな物が値上がりしているのに・・・・。確かにそれ以前に値下がりが続いた時は、本当に大丈夫かと思ったものですが、人間って勝手ですから。
 是非是非、景気が回復して欲しいです。
[PR]
 昨日の運動会は本当に疲れました。前日の準備から当日は学校に午前6時50分入り、最初から最後までほぼ一人で、競技説明をしゃべりっ放しで、なんとか終える事ができました。その後は反省会の幹事の順番であった為、直ぐに準備、そして反省会、片付けとしていたら家に帰ったのが午後9時となってしまいました。怒涛の様な1日で、1種目しか出ていないのに、クタクタでした。

 そして今日、朝からいつも以上にだるく重い体を奮い立たせて、この2日間で遅れた仕事を何とか取り戻さねばなりません。
 週末確認に行けなかった、リフォーム現場に確認と納まり指示に行ったのですが、古い家の思い出の一部として、現しで使いたかったむくらした梁が、少しだけ寸足らずで使えない事になり、少し残念です。

f0245124_18355248.jpg


 ただこの現場で無くても、持ち帰っておいて、どこか似合う現場があれば是非使ってみたいと思います。あと一緒に写っている長石も何かに使えないかなと思案中なのです。

 今日は少しだけ早く帰ります。まだだるいんです。歳でしょうか・・・・?
[PR]
f0245124_18205648.jpg


 昨晩や今朝事務所に出る時には、特に感じなかったのですが、お昼に自宅近くを通ると何やらいい匂いが・・・。「キンモクセイ」の花の匂いです。朝晩は肌寒く開花していなかったのが、昼近くになり秋晴れと気温の上昇で花が開いたのでしょう。以前よりキンモクセイの香りを嗅ぐ事は少なくなりましたが、秋と言えばどこからか漂ってくるキンモクセイの匂いが定番の様に思います。

 その後お問い合わせしてくださったお客さまと楽しい会話をした後は、明日のメインイベント(久松台小学校 第35回 学区民運動会)に向けての準備に向かいました。もう1つの秋の風物詩です。

f0245124_18202757.jpg


今年は重責を任されている為、準備から運動会そして反省会までフル出勤です。月曜日は子供は休みですが、お父さんお母さんは関係ありません。休み無しで働くのには慣れている私も、運動会となればちょっと月曜日がシンドそうです。
 怪我の無いように、進行係責任者の任を全うして来ます。
[PR]
 午後一に笠岡の古民家改修工事現場へ、現場打ち合わせに行って、環境にエコな浸透式の浄化槽の打ち合わせでした。配管自体は一般的な浄化槽と変わりは無い様ですが、何分初めてなので良く事前にチェックしておかなければなりません。またこれまた初めての五右衛門風呂を確認、出来上がりが楽しみです。
 また居間部分は、モルタル埋設型の床暖房で、これを薪ボイラーで温めるという仕組みなのです。
f0245124_2131192.jpg


 打ち合わせを終え一気に三原市へ。お客様候補の方から購入予定の土地を見て欲しいとの要望で、走って来ました。三原市も隣の尾道市と同じく売り土地が少なく、土地探しは大変な様です。
f0245124_212956.jpg


 それから福山へ帰る途中に海沿いを走った際に、あまりに綺麗な風景に路肩に車を停めて、写真を撮りました。
f0245124_212257.jpg

 なるほど、しまなみ海道とは言ったものです。
[PR]
 『錫(スズ)』と聞いても、ピンと来ないかもしれません。金属の1種で抗菌性・熱伝導がよく、錆びや腐食に強い錫は、日本古来から神仏器具として、そして酒器として使われてきました。下の写真の様な物だったら見た事がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?
f0245124_2135397.png


 近年では『錫』の金属でありながら柔らかい性質を利用した製品が、発表されています。酒器やコップの食器類や茶筒の様な物では無く、果物等を置くテーブルウェアなんですが、これがちょっと面白いんです。
f0245124_21192358.jpg

f0245124_2132911.jpg

f0245124_2132560.jpg


 普段は平たい鍋敷きの様な状態なのですが、使う時は写真の様に器状に変形させる事ができるのです。それもある程度自由にです。『錫』独特の鈍い光を放つ独特の質感が中々カッコイイと思うのです。

 こんなアイデアを思いつく柔らかい頭を持ちたい物です。
[PR]
 ここ数年、ちょうな加工やスプーンカットといった表面加工を施したフローリングや壁装材が発売され、ちょっとしたブームになっている様な感じです。
 そんな中、ついにと言うかネタ切れと言うか、新たな表面加工を施した木製品が発売されました。

f0245124_20362743.jpg


 アクセントウォール用の商品らしいですが、この写真からでは解り辛いかもしれません。アップした写真で見ると・・・・

f0245124_2036292.jpg


こんな感じです。ちょっと表面が荒々しくワイルドな印象です。なんとコレ、角材を鉈(ナタ)で割った物をタイル状に貼り付けているのです。

 ついに鉈(ナタ)か・・・・。いったい今度はどんな加工が出て来るのでしょう?
[PR]
 古民家改修工事で採用している、ホウ酸系防蟻剤の『エコパウダー』の小冊子を呼んでいたら「なるほど」と思わされる事が描かれていました。
 それがこちら
f0245124_18512736.jpg


 私たち人間にしてみれば、シロアリは大切な家屋を食い荒らす害虫でしかないのですが、自然界においては倒木や枯葉を食べて土に還してくれる、『森の掃除屋さん』という訳です。言われてみればそうなのですが、商売柄シロアリで傷んでいる家を数多く見て来てたので、すっかり忘れていました。
 にっくきシロアリも見方を変えれば、自然界の重要な役割を担っているのです。ゴミばかり作り出している人間より余程自然界にはかけがえの無い生き物かもしれません。

 既存のお宅でプランターを壁際に置いたり、物置を外壁にピッタリ設置している様な家を多く見かけます。家の外周廻りの通風を確保して、防蟻剤の使用や基礎パッキンで構造材を乾燥状態を保たれれば、かなりのシロアリ予防になりますので、今までよりちょっとだけ優しい目でシロアリを見てやってください。
[PR]
 照明器具カタログを見ていると、本当に楽しくなります。昔からシンプル好きな私としてはとても考え付かない様なデザインの照明が出ていました。
 例えば
f0245124_208437.jpg


f0245124_2084625.jpg


 シュガーバインがモチーフとなった葉っぱが照明に絡みついて、それこそ木漏れ日の様な照明といった雰囲気でしょうか?もちろん造花の葉っぱですが、中々のできだと思います。

 他にもこれぞダイニング用の照明と言うべき
f0245124_2084827.jpg


木製のフォークやスプーンがいっぱい吊り下げられていて、これらは一つ一つ取り外せる様です。まさかその取り外した物を使って食事をする事は無いでしょうが、遊び心あふれる照明です。

 インテリアをシンプルにまとめて照明で遊んでみるというのは如何でしょうか?
[PR]
f0245124_18321561.jpg


 新市町Kさま邸のコンロ前にガラスパーテーションを設置しました。強化ガラス製のパーテーションで解放感を保ちながら油等の飛び散りを抑制するものです。レンジフードのビス穴を利用した弊社オリジナルです。
 昨年も同じ様なパーテーションを施工しているのですが、今回はガスコンロを希望された事もあって、火によるカウンターの焦げが無いように、ステンレスでカバーを作って納めています。

 これがあればより美味しい調理ができるかも!?
[PR]
 府中と言えば、廃れてきたと言えどまだまだ多くの会社がある府中家具です。またそれに付随して様々な木工関連の材料屋さんや加工屋さんが数多く存在します。
 そんな中、家具に良く使われる突板を使って、鞄を作っている会社があるんです。
f0245124_20582988.jpg

f0245124_20582793.jpg

 このトートバッグやボストンバッグが木の薄ーい板で出来ているのです。
f0245124_20583156.jpg

こんな木の板を編み込んで、バッグが出来上がって行くわけです。
 今までも藤や竹でできた鞄もあったので、技術的には新しいものでは無いと思いますが、突板で作る事によって、色んな樹種で作る事ができます。後はデザインですかね。もう少し頑張って欲しい所です。府中の『くりじん』という会社さんが作って販売しています。またリムふくやまのものづくり交流館にも展示しているらしいです(未確認ですが・・・・)。
 あと変わり種としては、杉材で作ったアタッシュケースという物も世の中にはある様です。
f0245124_20583317.jpg

[PR]