<   2014年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 今日の家づくり相談会、無事終わりました。

明日も午前10時~ポートプラザ日化の天満屋棟とイトーヨーカドー棟の間で行っていますので、興味のある方は是非お越しください。

f0245124_19335022.jpg


こんな感じに仕上げたブースでお待ちしております。

宜しくお願いします。
[PR]
f0245124_21264798.jpg


 明日明後日、ポートプラザで開催される家づくり相談会の風景です。既に準備をある程度している会社さんもあれば、弊社の様に明日の朝から一気に準備する算段の会社も。

 本当は今日もちょっとだけ準備しようとしていたのですが、こんな日に限って急用や急な来客があったりと、どんどん時間が潰れてしまって、結局暗くなってから会場の様子見だけになってしまいました。

 もし弊社の事が気になっている方で、まだ何のアクションも起こして無い方がいらっしゃたらこの機会に是非お越しください。
[PR]
 今朝の朝靄(もや)凄かったですね。福山全体が竹田城跡の雲海状態でした。井原市の方へ地盤調査の立ち会いに行く最中、神辺~井原辺りの田んぼから靄が立ち上がるのを見て、靄のできる過程を確認する事ができました。
 井原の調査現場に着いた頃には、靄もほとんど消え去りとっても良い天気でした。

f0245124_2192983.jpg


田んぼと紅葉しかけた山並み、そして抜ける様な青い空。ザ・日本と言う感じです。

f0245124_2192494.jpg


地盤調査の方ですが、以前が田んぼという事も有り、数十センチ下から自沈層があり良くはないですが、地盤状況は均一的です。2階建てなら確実、補強判定が出そうですが、ここは平屋、解析で何とか補強無しの判定が出てくれれば有難いのですが・・・・。
[PR]
 ノーリツから発売になった『スマートコンロ』頑張っています。何を頑張っているかと言えば、デザインなのです。

f0245124_21282317.jpg


グリルさえ無ければ一見、海外製の様なデザインです。と言ってもこのコンロの特徴はこのスタイリッシュなデザインだけではありません。

f0245124_21282421.jpg


何かが無い様な気がしませんか?



さっきの写真ではガラストップの上にあったツマミが有りません。


と言っても、ツマミを取ったのでは無く、最初からくっ付いていないのです。

f0245124_21282695.jpg


置いているだけなんです。なのでお手入れ時も楽です。

f0245124_2128283.jpg


着火時は、スライドさせます。火力調整はガラストップの上でツマミを捻りま。そして情報はガラストップに映し出されるという具合、何か近未来的です。ある意味日本的な様な気がします。

ガス器具メーカーはリンナイの『マイチョイス』シリーズといい、デザインを頑張っていますが、IHに関しては国産でデザインの良い物が中々ありません。

 是非是非パナソニックを始めもっと頑張ってもらいたいところです。
[PR]
f0245124_20461770.jpg


f0245124_20461577.png


杉の柾目ばかりで作ったパネルです。

板目の様な大柄な木目が無い分、木木しい空間になり難く、モダン和風の住宅の建具なんかで使ってみたい一品です。これも昨今の地域産材活用の一環で間伐材等を利用して作られているのですが、小規模な工場等で作っている所が多く、流通に中々乗ってきません。
 製品代はそこそこな価格だったとしても、運賃を入れていると結構高く付いたりと、使い辛い側面もあります。ただ狂いが少ない様であれば、是非建具で使ってみたいと思い、情報収集中です。
[PR]
 シンプルな冷蔵庫が帰って来ました。無印良品もキッチンで以前販売されていた様な装飾の一切無い冷蔵庫が戻って来たのです。

f0245124_2013978.jpg

f0245124_20131141.jpg

f0245124_20131395.jpg


 ちょっと前まで販売されていたのは、メーカー名や品番等は書いて無いだけで家電量販店にでも有る様なタイプだったのですが、新しいタイプはいかにも無印っぽいやつなのです。真っ平らです。

 シンプルが好きな人にはうってつけなんですが、残念な点も・・・。

容量が少ないのです。一番大きな物でも『355L』、せめて4人家が問題無く使える様に『500L』位は欲しい所です。今後に期待です。
[PR]
f0245124_17293783.jpg


 昨日、土曜日の新聞広告に入っていました、家づくり相談会がこの11月29(土)・30(日)にポートプラザで開催されます。

 弊社を含め約10社の住宅会社さんと自由に家づくり・リフォームの相談が出来る2日間です。興味のある方は是非お越しください。素敵な記念品やイベントもあるみたいなので、気軽に来てください。

 実はこのイベント、私が長年温めていた企画でやっと実現に漕ぎ着けた訳ですが、開催が決定してから時間が少なかった事も有り、出展会社さんの数そしてイベントが当初提案していたものに比べ、少し小粒になってしまったのが残念ですが、今回のイベントを成功させ、第2回はもっと面白く、盛大にできる様に頑張ります。

 皆さんに弊社の家づくりを知って頂く良い機会だと思って頑張ります。
[PR]
 最近新作が発表される度にある意味話題になっている建築家、フランク・ゲーリー氏がまたもや物議を醸しだしている様です。
 ちなみにこのフランク・ゲーリーさん、建築界のノーベル賞と言われる『プリツカー賞』を始め、高松宮殿下記念世界文化賞等の数々の賞を取っている、世界的に有名な建築家なんです。一番有名なのは、スペインのビルバオに設計した、アメリカのグッデンハイム美術館の分館『ビルバオ・グッデンハイム美術館』ではないでしょうか?

f0245124_1822374.jpg


この美術館を建てた後、観光客が増加した事から、世界的に有名な美術館の分館ブームを作ったと言われる美術館なのです。

日本でも、建築物では無いのですが、『フィッシュダンス』と呼ばれる金網で作られたオブジェが神戸のメリケンパークににあり、このオブジェの真横の建物には、私が神戸在住時に良く通っていたインテリアショップがあったので、このオブジェは良く覚えています。

f0245124_18223914.jpg


 そんなフランク・ゲーリーがオーストラリアでやっちゃいました。ココ最近は賛否両論の否の方が多いのですが、皮肉を込めて『茶色い紙袋』と呼ばれているのがコレです↓。

f0245124_18224236.jpg


シワシワ・グニャグニャです。なのに裏に回れば

f0245124_18224516.jpg


ピシッとジグザグのガラスで構成された壁面です。

何でこうなのかは解りませんが、地元の評判はケチョンケチョンの様です。
[PR]
f0245124_20381899.jpg

f0245124_20382152.jpg


 因島のリノベーションで出て来た解体材です。これでまだ半分といったところでしょうか?さすがに家丸ごと一軒のリフォームとなれば、出て来る解体材の量も半端ではありません。
 当初は現場で、もう少し細かく分別しながら持って帰ろうとしていたのですが、何分家一軒分の内外装を解体するとなると、仮置きする場所にも困りますので、一度一緒くたで倉庫まで持って帰って、後で分別処理する事にしたのです。
 ただ築40年程経った家ですから、使っている材料も木材を中心とした自然素材が多いので比較的分別処理がし易そうで、一安心です。
 あと倍ともなれば、この山が2倍となる事を考えれば、早く処理をしなくては・・・・。
[PR]
f0245124_21471529.jpg


 瓦の名前なんかで、語尾に『40』とか『50』とか付いている物が有るんですが、これにはちゃんと理由があるんです。
 この『40』とか『50』というのは、実は瓦一坪当たりに必要な枚数を表わしているんです。つまり『40』タイプは働き寸法(重ね代を除いた大きさ)約28.5センチ角の瓦を40個組み合わせると、約一坪分の瓦が葺けるという事です。
 なので『50』となれば、約26センチ角の瓦を50枚葺く事となります。多くの枚数を葺くという事は、その分手間も掛かるので割高に付くのですが、葺き上がりは上品になります。

f0245124_21532882.jpg


上の写真は50タイプのメーカーの施工例ですが、何となく上品に見えませんか?

 ちなみに瓦の製品名に『110』とか付いている物もありますが、これは違います。他の理由です。
[PR]