<   2015年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

 クロスと言えば、代表的なのが『ビニールクロス』。現在の壁や天井の代表格です。コストを抑える事ができて、バリエーションも豊富です。
 そんなクロスですが、実際は本当に多くの種類があって、価格も目が飛び出る様な物も結構あるんです。

 スワロフスキーをちりばめてあるものや金箔や銀箔でできてあるもの、漆や柿渋を塗ったもの等々色々です。

 そんな中、価格もそれ程でも無く、趣のある個性的な表情を見せるのが和紙の壁紙です。

f0245124_21173338.jpg


 解り易い様に特徴的な和紙壁紙の写真を載せましたが、シンプルで洋室でも似合う壁紙もあるので、検討材料の1つにするのはどうですか?
[PR]
 井原のNさま邸で使った壁掛けテレビ用のマウント。

 これが中々のスグレモノ。アメリカ製なんですが、見た目も悪くないんです。

f0245124_2034872.jpg


 こんな箱に入って送られて来ました。箱もアメリカっぽくありません。それを組み立てると・・・。

f0245124_2035175.jpg


 こんな感じに取付ます。また

f0245124_2035317.jpg


 こんなに前に出てきます。約60センチといったところでしょうか。そしてここからがコイツのスゴイところ。

f0245124_2035477.jpg


 90度に首が振れるんです。要は壁に平行な場所にいてもテレビを見る事ができるのです。また51~70型、重さも56キログラム、日本で売られている全メーカーの殆どの機種に対応できるのです。それにケーブル類をアームの中に効率よく収納することが可能なんで、ケーブルがゴチャゴチャしません。

 こんな壁掛け金物を使って、スッキリなんてどうですか?
[PR]
 無事運動会が終わり、一息つきました。しかし競技には1種目しか出ていないのに、1日中役員(大会副会長らしい)として競技内容の説明を大勢相手にしていると非常に疲れるものです。運動会終了後、片付けを終らせ家に帰るとしばし放心状態となりました。その後は反省会と言う名の打ち上げに行き、家に帰ったのが午後7時30分で、朝6時半に家を出たところから始まった運動会がやっと終わったのです。
 これで全て終わりかと言えば、また全体の反省会(これは本当の反省会)がまたあり、もう少しお付き合いしなければなりません。任期は今年で終わりなんですが。雰囲気は来年もというプレッシャーを感じる今日この頃です。

 そんな訳で、今日(特に午前中)は、仕事がはかどりません。しょうがないので先週こんな自分を見越して、今日用に作っておいた仕事をこなして、何とかやりました。

 明日からは溜まっている仕事、滞っている仕事をバリバリ?とやります。 
[PR]
f0245124_1875967.jpg


尾道駅裏の古民家再生は着々と進んでいます。打ち合せを兼ねて現場のチェックです。

今日はLDKになる部分の天井の下地組を大工さんが施工してくれています。施主さまと大工さんとの三つ巴の打合せの中で、急遽変更もあったり(もちろん良くなる変更)と改修物件には付き物の現場主義炸裂です。
 そんなこんなをしているとあっという間にお昼になりました。

 昼からは明日の学区民運動会の準備へ小学校に。残念ながら???明日は秋晴れの様で、確実に開催されそうです。明日は6時起きで、7時からは当日準備、そして3時くらいまで運動会、その後片付け、最後に反省会と夜まで出っ放しです。おまけに大会副会長という役が回って来た為、閉会宣言もしなければなりません。
 なので明日は一切仕事ができそうにありませんが、いつも以上に休めそうもありません。

 月曜日が思いやられます。
[PR]
 昨日に引き続きフローリング。

 昨日搬入されたフローリングを早速張り張り。大工さんが梱包を広げて1枚1枚の表情を見ながら、バランスを考えて張ってくれています。

f0245124_21131872.jpg


f0245124_2113893.jpg


この中途半端な状態でこれだけイイ感じなんですから、廻りが仕上がったらさぞバッチシ決まるでしょう。

この後直ぐに養生されてしまうので、全体を見る事ができるのは、殆ど仕上がった頃となってしまいます。しばしのお別れです。でもこの養生を取る時がまた楽しみでもあるのです。誰よりも早く仕上がりが見る事ができるのが私たちの特権なんです。
[PR]
 フローリングの割付の打合せに御幸町の現場に行って来ました。今回キッチン廻りの床にはタイルを貼る事となった為、フローリングとの取り合いが重要となってきます。張り上りの綺麗さはもちろんですが、コストの事も当然考えてロスが極力出ない様に事前にCADでシュミレーションの上、発注もしています。

 今回のLDKのフローリングは『ブラックチェリー』です。ここ数年、価格が高止まりしていて、一度はSさまも諦められていたのですが、復活となりました。そして弊社お薦めの3層フローリングです。無垢ユニフローリングIと呼ばれる、接ぎの多いフローリングとは違い、表面の挽き板(3ミリ)は1.8mの間でジョイントがありません。
 今回のフローリングは弊社がよく使う3層フローリングメーカーとは違いますが、前から目を付けていたメーカー、サンプルでその素性の良さも前々から確認していたので、採用に至りました。価格も一番協力してくれたし。

 そんなフローリングが本日搬入されたので、荷受け検査を実施しました。と言ってもただ単に自分が一番初めに梱包を開けて見たかっただけですが・・・・。

f0245124_21155719.jpg


 さすが『ブラックチェリー』、綺麗です。個人的には綺麗過ぎます。もう少しムラがあっても良かったかもしれません。綺麗過ぎると張り上りが単調になり易いですが、考えてみると今回は一部タイルなので、主張し過ぎない、このフローリングの方が、むしろ良かったかもしれません。

 張り上りが楽しみです。

 ちなみにこのフローリング、LDKに使うのですが、このSさま邸は2階リビング。当然2階に荷揚げしなければなりません。ところが1階個室で使う無垢フローリングが2階へ、『ブラックチェリー』が1階へと搬入されていました。建材屋さんの勘違いです。まあ一般的には1階がLDKなので仕方がありません。建材屋さんの営業マンが入れ替えに来てくれる事となり、一件落着です。
[PR]
f0245124_18372028.jpg


 井原のNさま邸で採用した、畳縁(たたみべり)です。以前も一度使った事があるので、2度目となります。この縁は青系のグラデーションとなっており、他にも緑系やグレー系、茶系があるのですが、畳表との相性で言うとこの青系が一番綺麗な様に思います。

 このNさま邸は他にも、グラデーションとなった素材を幾つか使っていますので、ある意味当然の選択だったかもしれません。

 4畳+αほどの小さな小上り和室ですが、障子を閉めると落ち着く空間になっています。

 最近は縁無し畳が人気ですが、畳縁で遊ぶのも面白いですよ。


 今日で初のシルバーウィークが終わりました。結局事務所での打ち合わせや資料の作成や作図、現場での打ち合わせやチェックをしていると私には全く関係ないものとなってしまいました。今週末は学区民運動会とその準備だし、もう少しこの休み中に仕事を進めたかったですが、仕方がありません。明日からも頑張るだけです。
[PR]
f0245124_19115230.jpg


一見普通の脚立に見えると思いますが、実はコレスグレモノなのです。

もちろん普通の脚立としても使えるのですが、他にも

f0245124_19164724.jpg

 これはよくある使い方。

f0245124_19164582.jpg

 段差のある所もOK。これも国産の一部製品にはあります。

f0245124_19165180.jpg

 オプションを付ければ、こんな使い方もできます。

でもコイツの最大の特徴はコレです。
f0245124_19192150.jpg


壁際に寄れるんです。通常だと脚立の足が開いている分、壁から遠くなって危ない事がありますが、これは変形するんです。

 という事で、井原のNさま邸に納品しました。
f0245124_19115515.jpg


 壁一面本棚のNさま邸で、高い場所の本が取り易いようにと採用してみました。

 この脚立の『アルタワン』はアメリカ製なんです。重いんです。国産の脚立に比べるととにかく重たいんです。そして頑丈なのは良いのですが、ディテールが雑です(笑)。そして何より驚くのが、こんだけ色んな使い方出来るのに、説明書が紙切れ一枚、内容も大雑把、さすがUSA。そんなところもこのNさま邸には似合ってしまいます。

 ちなみに後ろに写っているこの本棚、あえて昔ながらの棚受け金物と構造用合板を切った棚板で作っています。
[PR]
 久々に朝9時まで寝る事ができました。最近は朝の予定に余裕がある時でさえ、早く目が覚めてしまう(歳のせいか?)ので、自分でビックリしました。でも寝過ぎると逆に調子が狂ってしまうという悪循環・・・・。

 打ち合せ用の資料づくりや図面の修正の為に事務所に出ていましたが、いつもの日曜日以上に周りは何か静かです。やっぱりシルバーウィークだからでしょうか?

 話は変わって井原のNさま邸では、木製玄関(引戸)に使う引手を造作しました。その個性的な仕上等には、金物メーカーの既製品では物足りないし、違うと感じたからです。(Nさまも同じ様に感じられた様です)

 そこで外側は、鉄のフラットバーとアングル(L型の鋼材)を組み合わせて引手を上下のほぼ全面に取付、

f0245124_16301114.jpg


屋内側は、鍵と鍵の間に鉄の塊の様なフラットバーにビス穴だけ明け、無骨に仕上げてみました。

f0245124_1630171.jpg


 私にお任せと言われていたNさまにも気に入って頂けた様で、一安心です。
[PR]
 朝から抜ける様な青空です。

f0245124_1941330.jpg


 井原のNさま邸の天窓から見える空も青々としています。とても気持ちがイイ!!

f0245124_19405459.jpg


 その井原に朝から確認したい事があったので車を走らせていると、何やら車が多い、いつもの土曜日だと20分で着くところが今日は25分。何でかと思っていたら、世間ではシルバーウィークの初日という事を思い出しました。どうりで・・・・。

 でもいつもの事ながら私には関係がありません。この連休中も何かしら打ち合わせ等の予定が入っているし、行かなければならない所もあるし、やらなければならない事も結構あるんです。

 昼から向島の同級生建築家 青山修也君の自宅兼アトリエで打ち合わせを済ませた後、再び井原まで福山を斜め走りするのは、シルバーウィーク渋滞もあり結構疲れました。

 取り敢えず明日は少しだけ長めに寝て、頑張ります。
[PR]