<   2016年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

 この春LIXILが、最新のトイレを発売する様です。力の入れ方が今までとは違うし、商品説明会に行った代理店の人の感想もやたらと評価が高いのです。

f0245124_20492096.jpg

 トイレ汚れの4大原因(キズ汚れ・細菌汚れ・汚物汚れ・水アカ汚れ)をすべて解消できる衛生陶器技術「アクアセラミック」を開発して、この技術を便器に採用した場合、便鉢の流水面に関してはほぼ掃除が要らなくなるという事らしいのです。

f0245124_20492223.jpg


 この技術の特徴の1つが陶器表面の「超親水性」。汚物汚れは便に含まれる油分が原因であるため、洗浄水だけで洗い流すことが難しかった。アクアセラミックは汚物の下に洗浄水が入り込んで水の力だけで油汚れを浮かして洗い流すとの事。

f0245124_20491620.jpg


 表面のコーティング剤かと思いきや、防汚の働きを担う特殊な物質をやきものの釉薬と一体化させることに成功。表面を別の防汚素材で覆う方法だと経年によりコーティング材がはがれて徐々に防汚機能を失ってしまうが、新技術はその課題を解決したらしいのです。キャッチコピーは「キレイが100年つづく」ですが、開発の方では150年分のテストに耐えたそうです。まあ便器が100年もったとしても、その他の部品が先にダメになるとは思いますが・・・・。それほど自信の作という事なのでしょう。

 この様な基本部分の革新は、ダメになる事も少なく歓迎なのですが、便利機能や機械部分で早くに壊れると悪評がたってしまいます。是非トータルで良い製品にして頂きたいと思うところです。
[PR]
f0245124_16283825.jpg


 先日結構冷え込んで寒風が強かった日に、コート無しで1時間程外にいた時から、鼻水が止まらなくなりノドも痛くなりまして、ここ数日思い通りに仕事ができない日が続きました。

 熱も無く、咳も出ないですが、とにかく鼻水が出て集中できません。やっと直って来たと思っていた昨日、午後からずーと現場打ち合わせで、昨晩はまた鼻水です・・・・。

 鼻水のせいで、目が覚めたり、熟睡できない。花粉症の方は毎年こんなにツラいのかと思い知らされました。

 以前だったらこんな風邪、薬を飲んで一晩寝たら直っていたのが、こんなに引っ張るとは寄る年波か体力低下か・・・・。

 今晩で直して、明日から元気に過ごしたいものです。まだまだ急な寒い日があるかもしれませんので、皆様ご自愛ください。
[PR]
 あの尖がっていた頃のソニーが帰って来るのでしょうか?ソニーが発売したリモコンにはそんな気にさせてくれるカッコよさがあります。

f0245124_2048198.jpg


こんな風に置く事も出来ます。
f0245124_20475719.jpg


 このリモコンは何かと言いますと・・・・。

 マルチリモコンなのです。複数の機器をこれ1つで操作する事ができます。と言っても世の中には複数の機器を操作できるユニバーサルリモコンなんて製品もありますが、ボタンまみれで全然美しくありません。もっとシンプルに複数の家電を扱えるリモコンはないものか・・・・、と言うアナタ。

 そんな方にお薦めなのがこのリモコンなのです。

 このリモコンは本体上部に書き換え可能な電子ペーパーを搭載することで、複数の家電をスムーズに切り替え操作できる逸品です。
f0245124_2048045.jpg


 このリモコンがスゴイのは、画面をカスタマイズして複数の家電のボタンを同時に表示できるところ。例えばテレビのボタンとエアコンのオンオフボタンを同時に表示する…そんな使い方もできるのです。

 詳しくはソニーのHPを見てください。

 こんなシンプルで使い易いリモコン、買いではないでしょうか?
[PR]
 少し前の新製品情報に『nendoデザインによる、新シリーズsudare(スダレ)販売開始』とあったので、今を時めく、インダストリアルデザイナーの佐藤オオキ率いるnendoが、今どきの家にも合うデザインの簾を発売したのかと思って、期待してネットで見てみると、肩すかしを食らったのがコレでした。

f0245124_210937.jpg

f0245124_210810.jpg

f0245124_210725.jpg


 日本古来の簾をモチーフとした、ベランダやテラス用の屋外空間のために開発された、サイドテーブル、ラウンジチェア等の家具でした。

 ただそこはnenndo、使わない時に折り畳むと自立し、手すりなどの前に置くことでスダレ状のパーティションとなったり、サイドテーブルはスダレを固定する位置を変えることで手軽に高さと天板サイズが変化させる事ができる等、スダレ風デザインだけの屋外家具となっていないところが、流石です。

 簾は夏の日射抑制には、非常に効果的なアイテムなので、今度は本当に今どきの住宅にも合うスダレをデザインして、驚かせて欲しいところとです。
[PR]
f0245124_210832.jpg


 築数十年の事務所建物の改修の相談。

 まず、法的な所から調査・・・・。新築と違って、改修は注意しないといけないポイントを抑えておかなければなりません。

 思い通りの改修が果たして出来るでしょうか?
[PR]
 毎年変わった、衛生器具を発表するメーカー『カクダイ』。

今年も、変わった製品を発表しています。

まずは
f0245124_20454135.jpg

本型の手洗い器。これはまあまあと言ったところでしょうか?

次は、水栓で
f0245124_20454762.jpg

 消火器型の水栓です。この水栓に書いてある文字が『KAKUDAI』と。チョット芸の細かい所を見せています。

そして、今回の目玉は・・・・、コレです。

f0245124_20454238.jpg


 もうどの様なシュチュエーションで使う事を想定しているのかも解りません。

 このメーカーの名誉の為に言っておきますが、これら以外の製品は、デザインも良く、機能性も高い水栓や洗面器を多数発売している事をお伝えします。
[PR]
f0245124_21205179.jpg


 以前ご紹介した、エアコンの室外機カバーが完成です。

 私が設計する場合、エアコンの室外機等をどこに設置するかを、想定・検討して間取りを考えたり、先行隠蔽配管等で、隠れた所に設置できる様に対応する事が多いのですが、間取り上、どうしても目立つ位置に室外機が来ざるを得ない事があります。

 そんな時は、写真の様な外壁と馴染んで尚且つ別の用途にも使える室外機カバーを設置すると言う方法があるんです。

 ちなみにこのカバーは、上部がデッキ状になっているので、植物等を置く事も出来ますし、あと表のルーバーが一部外れる様にしてありますので、外で使う物を収納する事も出来ます。

 どうですか?
[PR]
 最近攻めの商品開発をしている様に思う、工具メーカーの『マキタ』。

 以前にも、バッテリーで暖かくなる防寒着や業務用ロボット掃除機をこのブログでもご紹介したのですが、今度もまた掃除機です。

 マキタと言えば、充電式のスティック掃除機が通販雑誌から人気になって、弊社のお客さまでも持っていらっしゃる方も何人もいらっしゃいます。

 しかし今回のはチョット違うのです。

f0245124_1928338.jpg

f0245124_1928445.jpg


 そう背負い型の掃除機なのです。現場で大工さんがこんなのを背負っているのを想像すると、チョット可笑しいですが、掃除屋さんには良いかもしれません。

 ただ廊下なんかの狭い所を掃除している時には、背後から呼ばない方が良いと思います。振り返った瞬間、壁にキズが・・・・。
[PR]
 ブツが届きました。尾道で施工中のリノベーション物件で使う物です。

f0245124_20493056.jpg


 箱を開けると、取扱説明書と何故か極太の鉛筆が入っています・・・・。何でしょうか?購入記念品?それと製品を守るクッション材が、英語新聞なんです。これはアメリカン雑貨を扱うお店から取り寄せたので、雰囲気づくりなんでしょう。

 結局中身は何かと言いますと、

f0245124_20492951.jpg


 アメリカンタイプのスイッチ&コンセントなんです。古民家のリノベーションにアメリカンスイッチ&コンセント、一見不釣り合いに思うかもしれませんが、今どきの日本製よりは合うのではないでしょうか。

 来週には取り付けられます。出来上がりがちょっと楽しみです。
[PR]
 エアコンのトップメーカーのダイキン工業が新たなエアコンを発表しています。

f0245124_2117016.jpg

f0245124_2117215.jpg

f0245124_2117416.jpg


 「インテリアとの調和」をコンセプトに、欧州で人気の曲面を基調とした前面パネルを採用し、左右両端の厚みを129ミリに抑えることで壁との一体感を表現したシリーズです。

 10年程前にも、壁掛けエアコンの小型化、シンプルデザインの波があったのですが、その後のお掃除機能を始めとする高機能化により、大型化の一途を辿っていたのですが、ここに来て、また以前の様な流れが戻って来た様です。

 確かにライバルメーカーの三菱電機でも

f0245124_21252317.jpg


 の様な、デザイン性の高い?エアコンを今春から発売する様ですし、ファッションと一緒で時代は廻るものなのかもしれません。
[PR]