<   2016年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

f0245124_2112523.jpg


 このとてもカラフルな写真、実はフローリングなんです。

f0245124_2110422.jpg


 こんなヘリンボーン貼りもできる様です。

 そして、このフローリングは、ただ単に塗装をしている訳では無く、着色剤を加圧注入して含浸させているので、ハードな使い方をする場所にも向いている様です。

 ただこんなカラフルなフローリングをどこで使うか、どんな所で使う事を想定して開発したのか、そちらの方が興味があります。使っている現場をちょっと見て見たくなります。

 こんな商品を見ていると、まだまだアイデア次第で、色んな素材ができそうです。
[PR]
f0245124_2083452.jpg


 この照明器具は意外な物から作られています。

 これを見るだけで元の状態が解る方は、かなりスルドイ方だと言えるでしょう。ただニュース等で必ず見た覚えのある物のなのです。
 
 それは何かと言いますと・・・・・












 コレなんです。

f0245124_2083587.jpg


 そう、『佞武多(ねぶた)』なのです。

 この照明器具のシリーズ名である『KAKERA』は、実際に運行されたねぶたの彩色和紙の端切れ=「ねぶたのかけら」を活用した商品群なのです。『ねぶた』は、その年の祭が終わるやいなや解体されてしまう存在(一部は保存されたり払い下げられますが、やはり翌年には解体されます。)なのです。

 この製品は限定製造で、あの大きな1台のねぶたから最大で300個までしかつくらない事としていて、同じ物は2つと無い一品なんです。

 あの有名なお祭りに使われる『ねぶた』が、こんな物に形を変えるアイデアに感心するばかりですが、こんな感じにセンス良く作られると、1台欲しくなってしまいます。
[PR]
 今日は監理技術者講習の受講に行って来ました。

 有効期限ギリギリになって、慌てて申込みをして、ちょうど開いていた会場に行って来たのです。

 会場は、旧ビブレと言うか、私世代では『旧ニチイ』です。小さいころは屋上の遊園地で遊んだり、ウルトラマンショーを見に行って、緊張しまくってウルトラマンに握手して貰った頃を思い出します。

f0245124_20321963.jpg

 見覚えのある外観。

f0245124_20322025.jpg

 玄関入るとすぐ左にエレベーターと階段、中学時代に4階辺りに買い物に行った思い出が蘇ります。確かエスカレーターは左手中央だった気が・・・・。

f0245124_20321315.jpg

 当時から見る影もない建物内。貸会議室が連なります。

f0245124_20321410.jpg

 本日の会場です。これといって特徴無し。窓が無いので息が詰まりそうです。

f0245124_20321750.jpg

 ホールから見た駅方向。『キャスパ』もその手前のメッセージビル、全盛期を知っている人間からすると、駅前がこれでは悲しくなります。

 みっちり約8時間、頑張りました。疲れた・・・・。
[PR]
 家を新築した方の多くは、竣工に近づいて来るとソファを買いたくなってウズウズされる方が多い様です。

 そんなソファを選ぶ時の基礎知識をチョットご紹介。

 まずは、お部屋に合ったサイズを知るために、まずはソファを置きたいお部屋の大きさを計ったり、イメージしてみてください。テーブルを置きたい場所、テレビや他の家具を置く場所などを決めると必要なサイズが見えてきます。

◎ソファのサイズ指標
1人掛けソファ  幅550~1200㎜
f0245124_20571345.jpg


2人掛けソファ  幅1300~1700㎜
f0245124_20571417.jpg


3人掛けソファ  幅1700~2000㎜
f0245124_20571619.jpg


オットマン  幅450~800㎜
f0245124_2195219.jpg


◎ソファのレイアウト例
■ 直列型レイアウト
 もっともコンパクトに収まるレイアウト。座る人同士の距離が近く、リラックスした親密感があり、プライベートリビング向きです。
f0245124_20572088.png


■ 対面型レイアウト
 相手と向かい合って会話をする、応接向きのレイアウト。1人掛けソファやスツールを組み合わせると、お客様の多様な関係性にも対応できます。
f0245124_2057234.png


■ L型レイアウト
 対面型より距離が縮まり会話がしやすいレイアウト。適度な親密感と独立性が保てます。カウチタイプのソファを組み合わせると、リラックスした姿勢でくつろげます。
f0245124_20572135.png


■ コーナーレイアウト
 コンパクトサイズをコーナーにした、ソファが主役のレイアウト。サイドテーブルやラグ、フロアランプなどを組み合わせて、自由なコーディネートを楽しめます。

 今日はここまで。
[PR]
 東陽台の造工事現場を確認しに行った帰りに、家内の実家のある春日周辺を車で通っていた時、ブルーシートに覆われた斜面や土がむき出しになった斜面や土で汚れた道路がアチコチで見られました。

f0245124_1652888.jpg

f0245124_1652769.jpg


 木之庄に住んでいると、この周辺では殆ど被害が無かった為、あまり気になっていませんでしたが、春日周辺では小規模な被害を含めればかなりの数がある様です。

 そういった法面が崩れた現場周辺では、福山市の職員のと思われる方が、現地調査や被害に合わられた方と話し込んでいる姿が見られました。

 今日は久々の晴れで、気持ちが良い日となっていますが、明日の晩から火曜日にかけて、またしっかりと降る予報が出ているので、現在被害に合わられている方も、そうでない方も注意が必要です。
[PR]
f0245124_19205078.jpg


 連日の雨です。今日も天気予報では晴れ間が見える様な事を言っていたのに、実際は雨の時間が多かった様に思います。

 現場の方では、新築の現場基礎工事も、宅地造成工事も止まっています。本来だと遅れ気味なので社休である第4土曜日も工事を進めたいところなんですが、土が水分をかなり吸ってしまっているので、下手に触ってしまうと、ドロドロべたべたの逆効果になってしまう為、止む無く工事に掛かりませんでした。

 何とかこの日曜日の晴れによって水分が飛ぶのと、来週の雨が少ない事を祈るのみです。
[PR]
 それにしても昨日の大雨被害はすごかったですね。ニュースにもなった山手町の冠水だけでなく、あちこちで大小様々な崩落があったのが、一晩過ぎて解って来ました。

 私の家内の実家近くでも、家の玄関前から斜面に向かう庭部分がごっそりと崩落してしまった様で、当家の方達は途方に暮れているそうです。

 そんな中、山手町の現場は今回の冠水した辺りに近く、心配していたのですが、早い段階で影響なしと判明して安心していたのです。ただ実際この目で見ている訳でも無く、気になっていたので、今日は渋滞も無いであろうという事で、確認しに行って来ました。

f0245124_20285871.jpg


 見ての通り、問題無しです。前面道路も全く水が溜まっていた様な跡も見受けられません。これで安心納得しました。

 ただこの雨で、基礎工事に入る予定が立たないのが悩みなのです。その他にも雨で手待ちになっている工事が他にもあるし・・・・。
[PR]
f0245124_21151773.jpg


 福山が全国ニュースのトップを飾ってしまいました。

 昨晩の雨で、山手町から津之郷町にかけて、道路等が冠水したり、瀬戸町では河川の堤防が決壊したりと大事になってしまいました。
 ニュースにはなっていないですが、アチコチで法面等が崩土した様で、知っている土木業者さんも携帯電話の着信音で朝5時に叩き起こされて、市の担当者から流れ出た土砂の撤去を依頼されたそうです。

 幸い弊社のお客さまで、今回の大雨被害を受けた方はいらっしゃらなかった様ですが、弊社の関係先以外では被害に合われた方も多数いらしゃるので、喜んでばかりはいられません。

 それにしても、朝の大渋滞の影響で、打ち合わせに来る方が遅れたりと、今日の予定はぐちゃぐちゃになってしまいました。明日も雨の予報が出ていますので、注意が必要なのとこれ以上被害が出ない事を祈るばかりです。
[PR]
 ここ数年、タイルメーカーが頑張っている様に思います。

 昔に比べタイルを使う箇所も減り、タイルメーカーも廃業倒産等で少なくなって来ていますが、最近では、建築用タイルでは無い分野でも手を広げている様です。

 以前から陶器メーカーとして、タイルも作り食器類も作っている会社はありましたが、このメーカーはタイルとおお揃いのマグカップ等を作っていて、普通にタイルとして使うだけでは無くコースターとしても使う事を提案しています。

f0245124_20482476.jpg

f0245124_20482636.jpg

f0245124_2048306.jpg

f0245124_20483221.jpg


 その他にも、テイストは同じですが、デザインの違うタイルを組み合わせてみたり
f0245124_20481937.jpg


 額や掛け軸の様に飾れるタイルを提案してみたりと
f0245124_20483469.jpg


 様々なアイデアを考えている様です。

 タイルは広い面積に張ると価格が張ってしまいますが、チョットしたポイントに使うと価格的にもそれ程ではありません。如何ですか?
[PR]
f0245124_2116475.jpg


 もう記録的な大雨と言う言葉に慣れてきてしまっている自分がいます。昨晩西日本を襲った雨も各地に甚大な被害をもたらしています。熊本では1時間当たり150ミリの雨量と言う、国内の観測史上4番目の雨量を記録しています。

 福山でも夜中の2時から3時の間に、松永測候所で1時間雨量37ミリを記録していますが、弊社の関係者でそんな雨の降り方を経験した者はいない様なので、おそらく局地的な雨か、松永より西を中心にした雨だったかもしれません。

 また今年は世界的にも異常気象が多発している様で、ヨーロッパや中国での豪雨やインドや中東での熱波をはじめとして、全世界的に報告されている様です。

 そんな状況を鑑みると、今まで以上に災害に強い家づくりに精進して行かなければと思うのです。
[PR]