<   2017年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 今更ながらにスマホのカーナビ機能を初めて使いました。

 大概の所は、地図を覚えているので、今までカーナビを使った事も無かったし、車に取り付けた事も有りませんでした。

 ところが今日、兵庫県三田市の方に、前々から非常に興味のある空調工法の体験&説明会があるという事で、行く事となったのです。実家に帰って来る15年前までは神戸市内で建築に携わっていたのですが、三田は数回しか行った事が有りませんでした。当時とはだいぶ変わっている為、今回のスマホカーナビの登場となった訳です。

 スマホカーナビ数あれど、一番登録が簡単だった
f0245124_20444101.jpg
ヤフーカーナビで、充分でした。到着時刻もピッタリ、指示を出すタイミング等もバッチシです。

これからは、もっとこの機能を使おうと反省する1日でした。

今回の体験&説明会の事は明日報告致します。

[PR]
 フローリングは他の内装材とは違い、常に一番触れる素材と言えます。また内装を構成する要でもあります。そしてその材によって部屋の雰囲気や印象が大きく変わるため、選ぶ際には、「色」・「木目」・「風合い」・「張り方」・「巾」などさまざまなポイントでイメージした雰囲気に合う材を選ぶべきなのです。

 その中でも「長さ」は床材を選ぶ際の需要ばポイントとなります。

『ユニタイプ』
f0245124_20210480.jpg
 無垢木材を縦方向に3~6枚継ぎ足して、「定尺」(1,820mmの長さ)にしたものをソリッドユニタイプといいます。ユニタイプは、製造工程の段階で節や割れなど商品にできない部分を切り取ったさまざまな長さの板を、木柄や色合いなど素材の特徴がある程度均一になるようにして、数枚をつなぎ合わせることで、木材を有効活用しています。つなぎ合わせるピースの多くは250mm程度のもののため、細かく木柄の変わり目ができます。日本国内で販売されている無垢フローリングの多くは、このユニタイプです。

『ワンピースタイプ』
f0245124_20210159.jpg
 長さにつなぎ目のない1枚もののフローリングのことをワンピースといいます。原木からそのまま切り出して作るため、自然の風合いを備え、「これぞ本物の無垢木材」と言えるダイナミックさがあります。丸太から贅沢に切り出されて作られるため、無垢木材ならではの木の自然な表情が豊かに表現されやすく、重厚感、高級感を住空間に演出してくれます。

 この2つのタイプは、同じ広さの部屋に施工したとするならば、ワンピースタイプの方が、アイストップとなる継ぎ目が少ない分、広く感じることができます。

『OPC』などっと呼ばれる、無垢の1枚もので、節や入り皮等の無いく長いフローリングは、どうしても価格が高くなってしまいます。そこで弊社では一見一枚もののフローリングにも見え、床暖房等にも使える3層フローリング等をよく使っている訳です。一般的な無垢ユニフローリングよりは、価格が若干高めですが、より広く見える視覚効果や3層の持つメリットの事を考えれば、お薦めしたい訳です。

 弊社も3層フローリングを使い始めて、もう10年程となりました。使い始めた頃は、まだまだ珍しく、種類も少なかったですが、ここ最近は色んなメーカーが発売していて、バリエーションも多くなりました。

 フローリングは、内装に使用する材料の中で、一番気を使うべき素材です。こだわって、お気に入りを探してみてください。

[PR]
f0245124_18103185.jpg
 一見、ちょっと変わった木製のフロアスタンド型の照明の様に見えますが、実は非常に薄ーいのです。
と言うのも、近づくと






f0245124_18103451.jpg
こんな感じになっているのでした。

 この照明は、ナチュラルな木目を生かした木製のフロアスタンドと言うだけでも珍しいのに、デザイン的にも一ひねり加えている楽しい商品です。

 一応同じメーカーで
f0245124_18103993.jpg
f0245124_18104235.jpg
の様な、木製の良さを残しながら、普通のシェードの掛かった照明もあえります。

以前にも書きましたが、LED化で以前にはない様な自由なデザインの照明が増えて、照明選びもより楽しくなって来ています。

[PR]
f0245124_18103185.jpg
 一見、ちょっと変わった木製のフロアスタンド型の照明の様に見えますが、実は非常に薄ーいのです。
と言うのも、近づくと






f0245124_18103451.jpg
こんな感じになっているのでした。

 この照明は、ナチュラルな木目を生かした木製のフロアスタンドと言うだけでも珍しいのに、デザイン的にも一ひねり加えている楽しい商品です。

 一応同じメーカーで
f0245124_18103993.jpg
f0245124_18104235.jpg
の様な、木製の良さを残しながら、普通のシェードの掛かった照明もあえります。

以前にも書きましたが、LED化で以前にはない様な自由なデザインの照明が増えて、照明選びもより楽しくなって来ています。

[PR]
f0245124_20485147.jpg
 カウンターや階段に使う無垢集成材のサンプル帳が送られて来たのですが、ちょっとビックリです、。

 なんと、集成材の塗装が標準48色です。この「タモ」「ゴム」の2種類の樹種だけで、96パターンっです。大体他のメーカーでは塗装色のパターンは5、6種類と言ったところだと思います。もうここまで行ったら、『標準48色』とは言わずに、『どんな色でもお受けします』にしても良い様な気がします。

 ちなみにこの『セブン工業』と言うメーカーは、弊社も展開してる『SE構法』の生みの親である会社だったのです。現在では完全に分かれて、某建材商社の子会社となっていますので、関係はないですが。

[PR]
f0245124_20412576.jpg
f0245124_20413162.jpg
f0245124_20411982.jpg
f0245124_20412229.jpg
 よくある凹型の引手とちょっと珍しい凸型の引手。
 
 引き戸の引手と言えば、金属製や木製。色もシルバーや金色やブロンズ色はよくありますが、この引手は珍しい『ホワイト』『アイボリー』『グレー』のラインナップ。その質感も独特のものがあります。

 さてこの引手は何製かと言いますと、実はこれ焼き物なんです。タイルメーカーが販売している引手なのでした。
 金物には無い、優しい感じの質感と発色。造作建具にコレは如何ですか?

[PR]
 本格的な和室にある『長押』。そこにフックを掛けてハンガーなんかを引っ掛けて使っているのを見られた事があると思います。
f0245124_20561781.jpg
これ結構便利なんですよね。我が家にも何個もあります。

そんな便利グッズを洋室にもという事で、金物メーカーや家具メーカー等が『長押フック』を色々と出しています。

多いのが
f0245124_20502701.jpg
このタイプで、金属プレートや木の板に数か所フックが付いている物ですが、こんなタイプの物もあります。

それがコレで
f0245124_20502198.jpg
一見ただの板の様に見えますが、
f0245124_20500946.jpg
f0245124_20505215.jpg
どこでもフックとなるのです。これだけ有れば、引っ掛ける物に困らないかも?

あとは
f0245124_20534609.jpg
レール状になっていて、好きな所に木製フックが付けられるタイプです。

このフックも
f0245124_20534425.jpg
色違いの犬型となっていて、可愛くいて。犬好きの人にはピッタシ?かもしれません。

よく使う服なんかは、クローゼットに仕舞うより、こんな長押フックに付ける方が便利なので、何処かにどうですか?

[PR]
f0245124_20454850.jpg
一見、最近照明メーカーも力を入れている様な、カジュアルな感じのペンダントライトに見えますが、実はこれ壁に付けているのです。

電気コードみたいなのは、ただの吊り具で、電池式の照明で、どこでも持って行けるのです。

横から見ると
f0245124_20423833.jpg
こんな感じになっていて、知らなければ騙されてしまいそうです。

色は
f0245124_20422764.jpg
f0245124_20421321.jpg
f0245124_20421189.jpg
と、あと白色があって、お値段は2,700円とリーズナブル。

LEDだからできる電池式である程度使えるこの照明。

ちょっと明るさが必要なになった場所にどうですか?

[PR]
 ホームセンターや家具屋さん、ネット通販の人気商品にスチール製で自由に高さを変えられるワイヤーシェルフは数多くあり、そしてお値段も手頃ですが、この度ワイヤーシェルフの本家本元の『エレクター』から『ヴィンテージシリーズ』が発売されました。

f0245124_20275651.jpg
f0245124_20280001.jpg
 以前からあるシリーズにもステンレス色だけで無く、ホワイトやブラック、ブラウンもありましたが、光沢も有り、いささか奇麗過ぎて、武骨なワイヤーシェルフのイメージとちょっと合わない部分も有りました。

 この『ヴィンテージシリーズ』は、あえてムラを残した塗装で、年月を経たような風合いを醸し出し、味わい深く、重厚感のある空間を作り出してくれます。ガレージや書斎に置いて、趣味の物を置くには、こちらの方が似合うかもしれません。

 ワイヤーシェルフだけで無く、
f0245124_20434263.jpg
f0245124_20433911.jpg
の様な棚板も用意されているので、色んな使い方ができるのではないでしょうか?

[PR]
『人工大理石』と言えば、白い天板のキッチントップをイメージされる方が多いと思いますが、

『人工大理石』は、白ばかりではありません、。実に多くの色があるのです。そして柄というか模様も。
f0245124_18572195.jpg
実は、約70色のバリエーションがあるのです。
f0245124_19031924.jpg
これは、私の持っているサンプルブックですが、これだけあります。毎年少しづつ追加になったり、廃番になったりしていますので、最新のサンプルブックとは若干違うかもしれませんが、何れにしてもこれだけ種類があります。

 キッチンメーカーでは対応が難しいですが、造作キッチンや造作洗面を作る時は、これらから好きなように選んで、世界に一つだけの物を作る事もできます。

 そんな家づくりも楽しいですよ。

[PR]