<   2018年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 卵の殻を再利用した壁紙は以前からあったのですが、この度同じメーカーから卵の殻から出来た塗り材が発売されました。
f0245124_20142807.jpg
 その名も『エッグペイント』。

 壁紙の『エッグウォール』と同様に、マヨネーズ工場などから出る大量の卵殻を再利用した製品で、製品1缶(18kg)あたり160個分の卵殻を原料として使用しているそうです。

 一説には、卵には1個につき約7000〜1万5000の気孔があり、それにより内部が呼吸できる構造になっているという。今回の新製品は、そんな卵の多孔質性を利用することで、室内の不快なにおいを脱臭したり、湿気を吸放湿する機能があるとの事です。

 以前、壁紙を発売した時から、メーカーに何故出さないのと聞いていた製品が、壁紙から遅れる事5年以上経っての登場です。

 その実力と仕上がり具合が気になります。 

[PR]
 洗面台の色、特に洗面ボウルは『白』と言うのが以前では当たり前でした。

 しかし、今は『黒』もあるのです。
f0245124_19514811.jpg
f0245124_19515090.jpg
 耐久性の優れたステンレス(SUS304)に高硬度で耐汚染性・耐候性に優れた無機+有機のハイブリッド塗装を施し、毎日の手洗いや洗顔で繰り返して使っても、問題無い様に作り上げたとの事です。

 「黒が大好き」「身の回りをできるだけ黒で揃えたい」と思っているブラックな人、こんな選択肢もあります。

[PR]
 TOTOの担当営業マンの方が、こんなチラシを持って来てくれました。
f0245124_20180771.jpg
f0245124_20181142.jpg
 トイレの販促キャンペーンだからグルメギフト?

 勘ぐり過ぎ?

 美味しい物を食べた後は・・・・という事でしょうか?

 このパンフレットを貰ったのは、今日ですが、既に一ヶ月前から始まっています。

 こういった事は、TOTOだけで無く、LIXILなんかでもよくある事で、酷い時にはホームページで私の方が早く見て、営業マンの方が後で知るという事もある位なんです。

 タイミングさえ合えば、こんなキャンペーンを利用するのは如何ですか?

[PR]
f0245124_19065877.jpg
 向島Yさま邸の大工工事もあともう少しです。

 足場が無くなった2階のリビングからは、遮る物も無く向かいの山の緑が見えて一安心です。

 設計段階で、一応こんな感じに見えるはずとは想定しているものの、実際に出来上がってみないと本当の見え方は解らない訳ですから、確認するまではドキドキです。

 これから内装工事に進んで行くと、また違った見え方がして来ます。

 完成まではもう少し掛かりますが、楽しみです。

[PR]
f0245124_20094146.jpg
 一見、良くありがちなタイルや石を採用した壁面の様に見えますが、実は秘密があります。

 素材自体は、LIXILの超メジャー内装タイルの『エコカラット』なんですが、その裏が肝なのです。

 実は『エコカラット』の裏面に、磁石を張り付けていて、壁の下地をマグネットシート等の磁石の付く状態ににておくと、簡単に着脱できる為、デザインの変更や季節に合わせて組み替え、壁面デザインを自由に変更可能できるのです。
f0245124_20180955.jpg
 切断等の作業が無い様な貼り方にすれば、自分のセンスで思いのままに模様替えができるのです。

 どうでしょうか?
 

[PR]
 無垢のフローリングのグレード表示と言えば、

 節の全く無い様な上級グレードから節が多く有ったり色ムラが多い下級グレードまでを

 『A』『B』『C』『D』で表したり、

 『プレミアム』『スタンダード』『ナチュラル』『ラスティック』と表したりと

 メーカーや輸入商社が勝手にグレード表示をしている物です。

 確かに、色んなフローリングを見慣れている私達からすれば、グレード表示の違いはあっても、何となくはどの程度かは解る物です。

 しかし、家づくりが初めての方からすれば、解り辛いかもしれません。

 そんな中、あるメーカーがカタログ内に使い始めた表記が独特です。
f0245124_17204258.jpg
f0245124_17204668.jpg
 『こってり』『あっさり』です。

 『こってり』が従来の表記では節が多くて、色ムラも多い下級グレードで、『あっさり』が節が殆ど無く、色ムラも少ない上級グレードなのですが、グレード表示では無く、見た目の雰囲気で、表現してあるのです。

 確かに好みの問題なので、自分が良いと思っている節や色ムラを下級グレードと言われのは面白く無いかもしれません。

 この試みある意味正解の様な気がします。

[PR]
 今回も『台風あるある』は健在でした。
f0245124_20164360.jpg
 朝から抜ける様な晴天とうだる様な暑さ。

 一生懸命台風養生していた昨日午後5時の状態のままです。

 昨晩、雨雲レーダーを見ながら外、も眺めて、かなり早くから今回は大丈夫だとは思っていたのですが、

 どこも捲れていません。

 何はともあれ、何も無かった事が幸いです。良かった良かった。

[PR]
 今日は朝から台風の影響で風が強く、夜遅くに福山にも最接近するという事で、昨日上棟したばかりの向陽町Fさま邸の台風養生をしました。

 山の上で見晴らしも良い敷地だからか、事務所周辺より明らかに強く風が舞っている様でした。

 その為
f0245124_20062639.jpg
 誠之館高校沿いにある木々から青々とした葉っぱも飛ばされて、道路に散乱しているくらいだったのです。

 強い風の中、私も含めてシート等が飛ばされり、バタつかない様に対策を講じて、やっと作業が終わった頃には風も落ち着いていました。

 これが私達が良く言う、『台風あるある』なんです。

 台風対策を念入りにすると、風や雨が弱まり、台風が遠くを進むからと台風対策を怠ると突如として進路が変わったり、距離があっても雨や風の影響が出て物が飛ばされたりするのです。

 今回はしっかりしたので、雨も風もサッと何事も無く通り過ぎて欲しいと思います。


 あと足場の上から見たJFEは、赤っぽい粉塵でピンク色に見えたのです。鉄鉱石の影響でしょうか?

[PR]
f0245124_20055036.jpg
 西日本豪雨災害の修繕工事の現場は、浸かった床材や床下地、断熱材の撤去が終わり、基礎の洗浄をしています。

 乾燥させた後、消毒・防蟻工事に移行して、来週から大工工事へと・・・・。

 そして、向陽町のFさま邸は今日建て方です。
f0245124_20055277.jpg
 曇って、風もある午前中は、ドンドン進みますが、太陽が出てカンカン照りになるに連れ、暑さで作業効率が落ちてしまいました。

 5時過ぎまで掛かり、ほぼ予定の工程まで終わりました。

 2階の部屋からは、福山市東部が一望できます。

 年末竣工に向けて、工事が進んで行きます。


[PR]
 巷では『AI』の話題ばかりです。

 それは建築業界でも例外では無く、少しづつではありますが、『AI』搭載の設備機器が出始めています。

 その中でも『AI』搭載され易いであろうなと思われていた機器がエアコンで、この度AIエアコンが発売されます。
f0245124_19595094.jpg
f0245124_19590951.jpg
 高精度な赤外線センサーが、床や壁からの輻射熱や窓からの日射熱などを検知・分析し温度と湿度の変化を予測、自動で運転モードなどを切り替えるとの事です。

 例えば、外気温と運転状況に応じた室内の温度変化の状況をAIが分析し、住宅の断熱性能など住宅ごとの特性を自動で把握し、運転の最適化を図るという超ハイテク。

 また、個人の好みも学習して快適な室内環境を作り出す事もできるらしいのです。

 漫画の世界の様な未来の家にどんどん近づいていきそうです。

[PR]