<   2018年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

f0245124_20434269.jpg
 弊社のお客様も良く採用される『トーヨーキッチン』

 その福山から一番近いショールームである岡山ショールームが、先週末リニューアルオープンされました。

 オープニングのお誘いも受けたのですが、岡山まで行く時間も無く、まだ行っていません。

 ただ行かれた方に聞いてみると、

 展示スペースも増え、人気の家具『カルテル』やモザイクタイルも以前よりかなり充実した様で、とても良かった様です。

 私もチャンスがあれば、久々に行ってみたいと思います。

[PR]
 表札と言えば、家の壁や門柱の側面に張り付ける様な物ばかりだと思っていませんか?

 実はこんな表札もあるのです。

 それが
f0245124_20250601.jpg
f0245124_20250365.jpg
 こんな置き型の表札です。
f0245124_20250161.jpg
 バラバラの立体文字を並べるのでは無く、プレートで繋がっているので、門柱や塀、ポストの上に置いて使います。

 その特性上、漢字表記は難しいのですが、ローマ字の表札を考えられている方は、候補の一つ如何でしょうか?

[PR]
f0245124_19592644.jpg
 外壁の塗り見本を数種類用意した物を現場で検討して頂いき、色が決定しました。

 同じ様な色でも、家全体に塗ると印象が全然変わるものです。

 ここ最近は、モルタル調の素材感を採用するトレンドもあってか、外壁でもグレーを中心に検討される方が多い様に思います。

 さて、どの色になったかは、塗りあがってからのお楽しみです。

[PR]
 間接照明が人気ですが、

 ただ単に流行りだし、カッコイイからと深く考えずに採用してしまうと、直ぐに使わなくなったり、埃だまりになってしまいがちです。

 ただ照明器具メーカーでは間接照明の専門カタログまで出して売る気マンマンです。

 今回パナソニックの出した
f0245124_15381132.jpg
 一見よくある間接照明用のLEDライン照明ですが、実は
f0245124_15380785.jpg
 こんなに細いのです。

 これだとかなり狭い空間にも取り付けられるし、本体にマグネットが装備されていので、照明を付けたい場所に鉄のパーツを付けておけば、設置も簡単ですし、玉切れの際の交換も容易です。

 だいたい間接照明の器具は交換し辛い位置に付ける事が多いので、これは重要です。

 現在の間接照明ブームはいつまで続くか解りませんが、こういった器具があるとよりやり易くなります。

[PR]
 表札は同じ苗字だとしても、デザインだけで無く、その素材や書体の組み合わせでそれこそ膨大な種類が作れます。

 普通の表札でさえその様な感じなのに、世の中にはこんな変わった物があります。
f0245124_20175369.jpg
 サーフボード型。その名も『hawaii(ハワイ)表札』。門柱の様なデカさでかなり目立ちます。

 これはやっぱりサーフィンが趣味の方向きでしょうか?

 次に
f0245124_20175795.jpg
 『マンガ表札』で、苗字の周りに漫画の吹き出しの様な文字が並びます。

 最後に
f0245124_20175534.jpg
 『男前表札 ~伝説の聖剣~』です。

 勇者が持つ様な聖剣が地面に突き刺さっています。

 でもこれが表札なのです。

 こんな剣が刺さった家に初めて行くとビックリするのではないでしょうか?

 福山市内のどこかでこんな表札を使っている家があれば一度見に行ってみたいです。

[PR]
 トクラス(旧ヤマハリビングテック)が2019年4月、料理家の栗原はるみ氏が監修したシステムキッチンを発売するそうです。
f0245124_20455242.jpg
f0245124_20455490.jpg
 「料理を楽しむ」ためのアイデアを盛り込んだというキッチンで、主な特徴は、
 (1)使い方自由な可動式ワークトップワゴン(キッチン、背面収納)
 (2)奥行700mmの人造大理石カウンター(キッチン)
 (3)側面に折りたたみ椅子の収納が可能(キッチン)
 (4)ダークブルーの跳ね上げ式扉(キッチン、背面収納)
 (5)サブシンクも選択可能(背面収納)
 (6)収納物がひと目でわかる引出し式オープンストッカー(背面収納)

 特にこだわったのは収納可能なワゴンを採用する事で
 「キャスター付きのワゴンは出し入れが簡単なので、食器の入れ替えが楽になり、いつもより楽しく働くことができる」
 「人が多い時にはテーブルとして、時にはベランダに出してワインを飲んだり」
 と言う様な事を想定している様です。

 私も以前から、キッチンにワゴンの使用をお薦めしているので、このコンセプトには大賛成です。

 まだ詳細は解らないのですが、発表がチョット楽しみです。

[PR]
f0245124_20285294.jpg
 現場での電気の打ち合わせの後、上棟日には夕方までに屋根仕舞いが終わらず登れなかった屋根へ。

 田んぼ越しの夕日がとても綺麗で、記念撮影までしてしまいました。

 構造がらみの作業も目途が付き、中間検査が終われば、パッシブ冷暖、断熱工事等が始まります。

 日に日に現場が変わって行く様が楽しみです。

[PR]
f0245124_20311907.jpg
 一見テレビかディスプレイの様に見えますが、違うのです。

 よく見ると、背面の壁が見えるし・・・・。

 では何かと言えば、

 実は、暖房器具なのです。

 2枚のガラスの間に下部から冷気を引き込んで暖め、上部から暖気を放出して、人が暖かさを感じる約1.5mの高さで対流を起こして室内を温めると言う手法です。
f0245124_20400441.jpg
f0245124_20312078.jpg
 フレーム部分も細く、発熱部であるガラス面は透明ですので、インテリアにも溶け込み易いのも特徴です。

 新しいタイプのこの暖房器具、そろそろ寒くなって来た今日この頃、如何でしょうか?

[PR]
f0245124_20040975.jpg
 建築専門雑誌『建築知識』の10月号です。

 左が表紙で、右がオマケのクリアファイルです。

 この号の特集が『建築構造』。

 その建築構造をBL(ボーイズラブ)キャラクターで説明しようとする、超斬新な企画です。

 中身の方も
f0245124_20040741.jpg
 こんな感じで、このイラストで構造を説明する意味が解りません。

 迷走?

 このイラストのスペースをもっと構造が解り易くなる様なイラストや写真の方が有難いのですが・・・・。

 

[PR]
f0245124_18140548.jpg
 『Pantry(パントリー)』と言う名のタイルシリーズです。
f0245124_18140880.jpg
f0245124_18141346.jpg
f0245124_18141556.jpg
f0245124_18141042.jpg
 こんな楽しげなイラストの入ったタイルで、本当にパントリー内やキッチンの一部に使ったら、面白くなりそうです。

 オリーブオイルのイラストの前に本当にオリーブオイルを置いて見たり・・・・。

 遠目で見たら、実際並べて置いてある様に張るのも面白いかもしれません。

 このメーカー他にも面白いタイルを販売しているので、またご紹介します。

[PR]