f0245124_20295752.jpg
 SE構法の要である柱脚金物。

 この金物を取り付ける基礎の精度が重要です。

 高さ、通り(真直ぐか)etc.・・・・。

 週明けの材料搬入に向けて、一個一個墨に合わせながら取付です。

 今のところ来週の天気は良さそうです。

 また天気予報とのにらみ合いが続きそうです。


[PR]
f0245124_17385946.jpg
 海外製の洗面化粧台です。

 何か普通の化粧台と違う所に気が付きますか?

 

 これが解る方はかなり鋭い。

 実は
f0245124_17385600.jpg
 写真の様に、天板の角で素材を切り替えているのです。

 なんだそんな事かと思う事勿れ。

 これってかなり特殊な技術なのです。

 セラミックと木という異素材を綺麗にシームレスに張り合わせる事ができる独自技術なのです。

 これによって今までと違った雰囲気が実現でき、家具の様な洗面化粧台となる訳です。

 チョットお高めですが、検討の価値有りだと思います。

[PR]
f0245124_20405101.jpg
 アンディ・ウォーホルのシルクスクリーン作品で有名な『キャンベルスープ』の缶。

 食べた事はないけど、この缶に見覚えのある方は非常に多いのではないでしょうか。

 その缶を利用した照明器具があります。
f0245124_20325711.jpg
f0245124_20325642.jpg
 どうです? 

 なかなか面白くないですか?

 これは某有名メーカーのものですが、これができるのなら桃缶やサバ缶でもできるのではないでしょうか?

[PR]
 世の中人手不足、人材不足です。

 建設業界でも顕著になって来ていて、不況時に就労人口が減った事から、現在の様に仕事量が増えてもすぐに対応できない事が増えてきています。

 そして職人さんの高齢化で、重量物を使う作業が難しくなって来る事が予想されている訳です。

 そんな近い未来の為に、こんな物が開発され、検証されています。
f0245124_20131431.jpg
 国立研究開発法人 産業技術総合研究所が、人間の重労働作業や危険な環境での作業を自律的に代替することを目指した人間型ロボットを開発し実証実験が進められている様です。

 漫画やアニメの中だけだった、人間の手助けをする人型ロボットが現実のものとなって来ています。

 近い将来、現場に行くとこんなロボットが作業しているのでしょうか?

 そしてロボット使用の場合は○○円。全て人間の職人による作業の場合は○○円増しと言った様な世界がくるかもしれません。

[PR]
f0245124_20210652.jpg
 保育施設や子供向けの医療施設向けに開発された、手洗いカウンターなんです。

 4方向から使えるて、ボウルを卵型にして子供が使いたくなるデザインを狙ったとの事ですが、普通に家に採用しても良い様な気がします。

 人工大理石製で手入れも簡単だし、色も多くの色から選ぶ事も出来ます。

 基本オーダーですから、大人が使い易い高さにする事も可能なはずだし・・・・。

 最近、玄関近くに手洗いが欲しいと言う要望を聞く事も多いので、そんな時に良いかもしれません。

[PR]